肌の層アトピーなどの肌トラブルの対策には肌のバリア機能が必要とされていますが、具体的に肌のバリア機能にはどのような働きがあるのでしょうか。その仕組みと、バリア機能が低下したことで起こる肌トラブルについて調べてみました。

まず、私たちの体は外からの異物侵入を防いだり攻撃から身を守る機能が存在します。しかし、それとは別に蒸発してしまう水分を防ぐ機能も存在します。これが「バリア」の役割を果たしているのです。この働きは、肌の一番外側にある角層が役割を担っています。角層細胞の中にある「天然保湿因子(NMF)」が水分をキープし、その細胞間を「細胞間脂質」が埋める構造と、肌表面の「皮脂膜」が合わさることによってバリア機能が完成するのです

しかし、このバリア機能は空気の乾燥や、肌を掻き毟ることで簡単に破壊されてしまいます。バリア機能が破壊されたことによって、少しの刺激でも痒みなどを感じてしまうようになります。そのため、また肌を掻いてしまいバリア機能を低下させてしまうのです。このことでウィルスなどの異物が肌に侵入してしまい、アトピーや蕁麻疹などの慢性的な疾患に繋がる恐れがあります。そのため、肌のバリア機能は重要な役割を担っていると言えるのです。

Pocket