バリア機能とは

肌の層アトピーなどの肌トラブルの対策には肌のバリア機能が必要とされていますが、具体的に肌のバリア機能にはどのような働きがあるのでしょうか。その仕組みと、バリア機能が低下したことで起こる肌トラブルについて調べてみました。

まず、私たちの体は外からの異物侵入を防いだり攻撃から身を守る機能が存在します。しかし、それとは別に蒸発してしまう水分を防ぐ機能も存在します。これが「バリア」の役割を果たしているのです。この働きは、肌の一番外側にある角層が役割を担っています。角層細胞の中にある「天然保湿因子(NMF)」が水分をキープし、その細胞間を「細胞間脂質」が埋める構造と、肌表面の「皮脂膜」が合わさることによってバリア機能が完成するのです

しかし、このバリア機能は空気の乾燥や、肌を掻き毟ることで簡単に破壊されてしまいます。バリア機能が破壊されたことによって、少しの刺激でも痒みなどを感じてしまうようになります。そのため、また肌を掻いてしまいバリア機能を低下させてしまうのです。このことでウィルスなどの異物が肌に侵入してしまい、アトピーや蕁麻疹などの慢性的な疾患に繋がる恐れがあります。そのため、肌のバリア機能は重要な役割を担っていると言えるのです。

{ Comments are closed }

バリア機能を守るスキンケア

アトピー肌の対策に必要不可欠なのが、肌のバリア機能ですが、その機能を維持するためにはどのようなコツがあるのでしょうか。日頃のスキンケアを行う上で注意すべきポイントをまとめてみました。

洗顔まず、洗いすぎには気をつけましょう。清潔な肌がアトピーに対して大切なのはもちろんですが、力を入れすぎて洗うことや1日に何度も肌洗浄をすることで、肌のバリア機能は低下してしまいます。しっかりと汚れを落とすことと優しく肌を労わるように洗うことを両立させることを念頭に置いてください。そのために、たっぷりの泡で撫でるように肌を洗い、お湯の温度も熱過ぎないように気を付けてください。熱いお湯は肌の潤いを奪い、乾燥を引き起こします

また、洗顔や入浴をした後の保湿は必ず行うようにしましょう。出来るだけ早く保湿をしないと、どんどん水分が蒸発していき、乾燥状態に近づいていきます。保湿クリームなどで念入りにケアするようにしてください。

肌トラブルに紫外線が影響していることはよく知られていますが、対策をしているのは夏だけという人も多いかと思います。しかし、冬場でも紫外線は肌に影響を与えるので、季節に限らないケアが必要になっていきますので気を付けましょう。

{ Comments are closed }

アトピーと肌のバリア機能

アトピーの辛さは、なったことのない人にとっては想像も出来ないほど辛いことが多いです。痒さのあまり寝られなかったり、掻き毟った結果、白いシーツが血まみれになっていたりと、壮絶な様相を呈している場合も少なくありません。そんなアトピー対策で絶対に知っておきたい肌のバリア機能とはどのようなものなのでしょうか。

たっぷりの泡まず、肌のバリア機能とは、異物の影響から身を守り、水分の蒸発を防ぐ機能にあります。しかし、このバリア機能は乾燥や痒みなどで肌を掻き毟ることで簡単に剥がれ落ちてしまいます。バリア機能が低下することで、刺激に対しても敏感になってしまうため、痒みを引き起こして肌を掻いてしまう悪循環に繋がってしまうので注意してください。

肌のバリア機能を守るためにはスキンケアが非常に重要になります。肌を洗うときには力を入れて洗わないようにしてください。たっぷりの泡で優しく転がすように洗うことで肌のバリア機能を剥がすことなく汚れを落とすことが出来ます。また、熱湯を使うことで乾燥状態になりやすい原因になりますので、ぬるま湯を使うように心がけてください。入浴したあとの保湿ケアも忘れずに行いましょう。紫外線対策も季節を問わず毎日行うことで肌への刺激が軽減することも忘れないでください。

アトピーなどの肌のトラブルに悩んでいる人にとって有益な記事を書かせていただくことができました。このページが貴方の悩み解決の糸口になれば嬉しいです。どうぞ最後までお読みください。

{ Comments are closed }